風水は、環境工学。

まず一番先に書いておきたいことが、

『風水は環境工学である。』と、

知人の風水師から聞きました。

 

きっかけはとあるラジオ番組の占いのコーナー。

何の気なしに毎日聞いていた占いコーナーでしたが、

インターネットなどで調べ、徐々にはまり、

当時ネットではやっていたの様々な『掲示板』でその風水師と仲良くなり、

その方の主催するイベントに度々参加することがありました。

 

『風水は環境工学』という言葉から、生活に取り入れる事はすごく簡単でした。

『健康運を上げるために、水回りをきれいにする。』

と言う事が言われていますが、これは、

水回りが汚いと、カビが生えやすい。

カビが生えると、体に悪い菌が飛ぶ。

その菌が体に入り、健康を害する。

だから、『健康運を上げるために水回りをきれいにする。』と言う事につながります。

 

よくよく考えてみると当たり前だと思うことが、

実は昔から風水として存在していたということです。

 

こういう事を家族に伝えると、

『当たり前』をただするだけで健康になるならと、実践しています。

 

そもそも、風水とは、なぜ『風水』という言葉を使っているのか。

それは、『運気は風に乗って流れてきて、水にたまる』と言われている為、

風水という漢字を使っているそうです。

なので、風水に大切なことは、『水回り』も大切ですが、『風の流れ』も実は大切です。

空気の入れ替えをすると、気分が変わる。

これも当たり前の話ですが、空気が滞っていると、

気分以外にも、カビが生えやすく、悪いにおいもたまり、体にはよくありません。

なので、水をきれいに、風を通してあげる。

これが重要視する所だと思います。

 

心を元気にする、健康にするために、もう少し気を付けなければいけないことがあります。

それは、『何が見えるか』『何を使うか』です。

 

黄色の小物は金運を上げるとよく言われていますが、

実際に宝くじが当たるのかはさておいて、

よく見る場所に黒色の小物を置いたとき、気持ちとしてはどうでしょうか?

黄色の小物を置いた時に比べると、気分は落ちる人が多いと思います。

 

また、よく使う椅子はどうでしょうか?

長く座って落ち着きたいのに、椅子が固いとか、

伸びをしたくても背もたれが倒れてくれないとか。

 

よく使うのに座り心地が悪いと気持ちもよくならず、

それが蓄積されて、イライラしたりすると、それこそ健康になりません。

なので、風水で言われていることを踏まえたうえで、

『使う自分自身が一番気持ちいいもの』を使う事が一番いいと思います。

 

このように実践をしていくと、内向的な性格でしたが、多少外交的になったのかな?

と感じる事があります。

もちろん、『風水のおかげ』というのもあると思いますが、

何より風水を実践していくことで『自分を見つめなおすことができた』

と言う事も要因の一つと感じました。

 

最後によく言われている金運UPの方法や、恋愛運UPの方法を伝えます。

といっても実は金運も恋愛運も、建物の西側をきれいにする。と言われています。

この内容を見た皆様に、いい運気が流れてきますように、願っています。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL