風水において自分の色を知る事こそ幸運への近道です。

風水を知るきっかけとなったのは今から25年前に不動産会社勤務のおり、

販売現場で方位磁石を持って現れた若い御夫婦との出会いがきっかけとなります。

 

それ以後25年間、沢山の本を読んだり

風水師の先生とのやりとりなどで知識を蓄えてきました。

 

私の一番興味をもったのは風水の中でも家相と色です。

設計をする上で避けては通れないくらいの認知度となった「風水」を

自然と意識した家作りをするようになりました。

 

ただし、日本は中国とは違い法律上の観点からも土地面積からも

風水を全て取り入れる住宅は厳しいのが現状です。

 

私も以前は風水に固執してしまい、自宅を設計する時に

トイレの位置と玄関の位置で困った経験があります。

そんな時にある風水師の先生の本に「対処法」があるとういう内容を見つけました。

 

たとえば、悪い気を受けてしまうカーブの道の外側に自宅がある場合、

八角の鏡を玄関に飾り気を反射させて悪い気を招かないとか、

土地の力のパワーが強い場所での建設は良い気も悪い気も強いので、

やわらげたいなら二階をリビングにする反転住宅にするなどです。

 

目から鱗でした。

そりゃそうだ!と納得しました。

 

朝の情報番組で星座占いを見ていたら必ず悪い日の人にはアドバイスがあります。

それと同じ考え方です。

一番手軽に対応できるのでアイテムよりも

ラッキーカラーを知らせている番組が多いはずです。

 

そして我流ですが私はその色をベースとして風水を考えるようになりました。

風水を知っている人は、風水において色がとても重要な事はご存知だと思います。

あまり知らない方でも「金運には金・黄色がいいわよ」

なんて知り合いから言われたりした事があるはずです。

 

金運には黄色

まさにその通りです。

愛されたい場合はピンクや情熱を伝えたい時、

マンネリ気味な時に赤を効果的に使うなど一般的にも知られています。

 

でも、詳しい意味を知らずにおまかな色では逆に損をしている場合があるのです。

そもそも、西に黄色、金運には黄色という考えは風水の5行の色であったり、

方位の持つ基本の色というだけです。

 

私の実践している風水は生まれ持つ色を知り、

時と場合や家族のイベントや試練がある時に部屋に色を使ったり、

効果的な花や木を庭に植えたり、

インテリアから持ち物に至るまで運気UPに取りいれていくやり方です。

おかげで我が家では良い方向に効果が得られていると思っています。

 

しかし、生まれ持っての色?と言われてもピンときませんよね。

風水の根本的な考えかたに陰陽五行説があります。

全ての物は「陰と陽」で構成され(月・太陽)(男・女)のように相対するのですが

万物全てその相対するバランスが大切という考えであります。

 

そして、5行とは木・火・土・水・金という気の元素の事です。

詳しく説明すると占星術などが絡むのでここでは触れません。

 

この5行を「相克」と「相性」で考えていくのが風水の基準になります。

難しい言葉で書きましたが「相克」は対の相手に勝とうとする力のことです。

「相性」は対の相手と寄り添おうとする力です。

 

たとえれば、火は水に弱く、木に強いですよね。

水は火に強く、土に吸収されます。

このように5行を相対させて力を考えるのです。

 

その大きな5行からさらに細かく分けたのが「八卦」です。

乾・兌・離・震・巽・坎・艮・坤と8つに分類されています。

昔から「当たるもハッケ当たらぬもハッケ」というフレーズのハッケ(八卦)です。

 

占いのイメージが強いですがこれも中国からの易学で5行を細かくしたものです。

そして、この大きな5行の持つ意味と色を知り、

生まれ持った生年月日で調べた八卦の意味と色を知る事で幸運を引き寄せていくのです。

「お財布を黄色にしたのに全然効果がないのよね」と思う人がいれば、

あなたの5行や八卦が金と相克するのかもしれません。

 

たとえば5行で見てあなたの5行が木ならば水が相性が良いです。

そして土がなければ育たないので土も相性が良いです。

 

財布の色は「茶色・水色・黒」がベストです。

金属である斧などで切られてしまう木では木が死んでしまいます。

5行が木の人なら黄色の財布を持つのは効果的ではないという事です。

 

さらに、細かく八卦でも調べてみてもよいでしょう。

このように、色を基本として考える風水で悪い気から身を守り

幸運を呼び込む癖をつけることが大切です。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL