流行ってたよね

もう20年以上前、テレビなどでドクターコパさんとかが出まくっていて

ちょっとしたブームになっていたころに、

私もたくさん本などを買って実践していたことがありました。

 

西側に黄色いものを置くと、金運が上がるとか、

東南側にお花を飾ると、恋愛運が上がるとか、

仕事運を上げたいなら、東側に赤いものや音の出るもの(オーディオなど)

を置くと良いとか…、

なんかいろいろやってました。

 

効果があったのかどうかは、よく分かりません。

でも、風水の基本は、家の中をきれいに掃除して、

風通しを良くするってことみたいで、

そりゃあ、家の中がごちゃごちゃしていて、片付いてなかったら

幸せにはなれないだろうなあと、誰でも思いますよね。

 

玄関は、一番最初に「気」が入ってくるところだから、

常に綺麗にしておきましょうとか、

正面に鏡を置くとせっかく入ってきた「良い気」が跳ね返って

出て行ってしまうからよくないとかありましたよね。

 

あと、玄関先に人形などを置いておくのも良くないみたいですね。

それもまた「気」を人が吸収する前に、人形が吸ってしまうからみたいな感じだったと思います。

 

人が住んでいて気持ちの良い空間にしておくことが大事だってことなんでしょうね。

北側の窓が大きすぎると、出ていくお金が増えて、貯金できないみたいな話もありました。

そういう窓には、必ずカーテンをかけましょうということだったと思います。

 

お風呂の水は、使用後はすぐに抜いてしまった方が良いっていうのもありました。

防災用とかに、取っておいた方が良いという意見もありますから、

どっちをとるか迷う感じです。

 

一般的には、北枕で寝るのは死んだ人と同じだから良くないって言いますが、

風水では、北枕で寝るのはむしろ良いということでした。

なんでも「気」が安定するのだとか。

 

方位磁石と一緒で、人間の体にも電気が通っていて、磁石のようなものだから、

あたまを北に向けたほうが、体の中が整うということだったと思います。

逆に南枕は、あまり良くないということだったと思います。

 

若い人は、日が昇る方角の東枕で寝るとやる気がわいてくるとか、

逆に西枕だと、落ち着きすぎて覇気がなくなるからやめたほうがいいけど、

お年寄りだったら西枕でも良いんだそうですよ。

 

大昔から、都づくりなどにも採用されてきた風水という考え方ですから、

一概に迷信とは言えないものだと思いますし、

科学的にも証明できそうなものもありそうな感じはしますけど、

あまりそれに囚われすぎてしまうのも、良くないような感じがします。

 

家の立地とか、間取りによっては、どうしても実践不可能な場合もありますから

気楽に、これで願いがかなえばラッキーくらいの軽いノリで

風水を楽しむのがいいと思いますよ。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL