日常で風水をあれこれ考え・旬物食事&掃除スタイル

以前インターネットで検索したら風水は環境学とあった、

例としては室内の構造とか市内の区画整理的なことだとありました。

 

駅周辺にどのような建物を配置したら空気とか気の通りがよいとか、

戸建てなら水周りをこの方向がベストだというようなものでした。

 

一時的にブームの頃に書籍を読んだり、

テレビ番組で風水の意味とか生活シーンの利用方法を聞きましたが

最近はちょっと思考が変化しました。

 

室内状況は変えられないので日常生活で風水をとり入れるとしたら、

キッチンとか水周り周辺をいつもきれいにキープとか掃除のスタイルです。

 

それと各パーツ、室内をさっぱりきれいにしたら日常グッズをきちんと片づけること、

使用済みのグッズとかキッチン小物の整理を習慣化しています。

 

掃除は風水の基本でもあるし、この風水に通じるコンセプトとしたら

室内とか身支度をきちんと構えることだと思うようになりました。

 

それに環境学の意味を室内とか地域周辺の感覚で考えたら、

それは普段の健康管理に通じる様な気がしました。

地域周辺プランでこういう建物とかリラックス空間と考える思考は、

一日3食のスタイルとか習慣をきちんとすることと同じだと思えました。

 

だから冬期間はやや暖かい気温の気候でも身体をあたためる

衣類をしっかり着込んで体内からぽかぽか、

食事は冬にベストなあったかメニュー。

 

日本の冬には寄せ鍋とかカキ鍋があるし、カボチャがあればほかほかの一品、

冬によい味の白菜とか食しながら季節を感じています。

最近は地方でも旬物が豊富な経済状況、

一月なのに温暖地域産の菜の花とか春野菜がスーパーにあります。

 

環境学とは地域の空気の通りを考えて整備するものだから、

旬物も食して生活するのがベストな生活だと思っています。

 

春物としたら一月通過で春キャベツのシーズン、

山菜をたまには購入して気候微妙なシーズンを通過できたらいいな。

 

普段は仕事と子育てに忙しいけれど

休日とか時間がある時に生活整備、健康管理としての食事はよいかなとか、

普段の経済を考えたりします。

 

要するに風水を日常で全体的に考えれば

生きるプロセスをきちんと整備することですね。

だから身体基本に考えて食事とリラックス・タイムは重要、

時間があれば休日運動に掃除をしっかりしています。

 

食事がきちんとしていても掃除が未完だと風水スタイルの不足、

冬から少しずつ気温アップしたら体内のデトックスを流すべく

旬物で身体を浄化するのが習慣スタイル。

 

室内整備と健康管理、どちらも日常に重要な項目、

だから冬寒い時期でもお掃除と料理はきちんとしています。

 

風水は環境学、このワンフレーズはよい思考の要素だと思う、

室内環境整備すれば精神性に効果あり、さらに食事で旬物食せばベスト・ライフです。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL