分かりやすくすると風水とは

風水というと、運気とか、方角とかが気になります。

要は、太陽がどの位置から回って、どの位置に沈むか。

その部屋の採光はどうなっているのか。

風の通りは、そして水回りの状況はという事です。

 

たとえば、水回りが南向きに合った場合、その水は温度が高くなります。

逆に水回りが西側にあったら、というように考えると楽ですね。

そうすれば東側の水回りは。

それは朝シャンであったり、朝ご飯の用意をおもって頂ければいいかと思います。

 

また、庭の風水になると、高い木はどの方角が良いか。

風通しは低木は西側でも、十分に家は昼の太陽に当たっているので、

西日がきつくもなく、熱くもない。

といった具合です。

また、風通しにになると、海側からの風に窓はあるか等。

これはない方がいいのです。

 

また、北向きの方に井戸があると、太陽で乾燥しないために、じめじめと不衛生ということになります。

ただし、水のタンクはぬるくなるとバクテリアが発生しやすいので、遮蔽してあると、北側がいい。

要するに建物のかげになっていることです。

 

そして、家の倉庫の部分ですが、北向きがいいでしょう。

それは内部の温度が上がりすぎて、換気もできていないと、

入れているモノに痛みが来て、変色する恐れがあるから。等。

 

そういったことを学問的に考えると、いまの時代の風水ができるでしょう。

 

そういったことを踏まえて考えると、お客さんが来る方は、太陽の昇るほうか、それとも、夕方がいいか。

そして、木をどのように植えれば、お客様の来訪を喜んだ形になるのか。

 

マンションタイプの室内空間でも同じことが言えると思います。

基本的に日本の建築は、太陽からの採光のために、

南向きに窓があり、北側に玄関と言ったかたちですね。

その玄関から入って、採光を窓からとるのか、天井からとるのか。

そして、客間の見晴らしは、観葉植物はと、来訪を喜ぶことを盛り込む。

 

事業所でお客様が多いのはいいことですよね。

その上での運気という事で、儲かるとか、ダメな話とかは、信じなくて結構です。

それは何かを売り上げたい業者のテクニックです。

 

なので、家族が快適に過ごすために、お父さんの帰ってきた時の部屋のアレンジなど。

まず、家の中を清潔にして、何をレイアウトして設置するのか。

そして、同じ住居の住人のライフバランスを上手く、組むと自家製風水が出来上がります。

 

例えば、朝行ってくるときに、金魚に行ってきます。や、

行ってくるよ、ワン。

とかそういう事です。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL