風水で暮らしやすい住まいを!

皆さんは風水ってご存知ですか?

ずいぶん以前から風水って言葉は耳にするけど、

詳しくは知らないっていう方もきっといらっしゃいますよね。

 

風水って占いでしょ?

なんて思っているあなた。

いいえ、占いではありません。

風水とは、今から4千年前の中国発祥の「環境学」で、

衣、食、住、行動など自分を取り巻く環境の「気」を利用することによって、

運を開いていくという東洋の思想から生まれたものです。

 

日本でも京都は風水都市と言われ、綿密な風水の手法によって街が完成されており、

江戸の町づくりにも風水が応用されているんです。

風水は、住環境を良くする学問なんですね。

 

 

「自宅にも風水を取り入れて開運!」

環境学なんて聞くとなんだか大変なことにように思うかもしれませんが、

自宅でも簡単に取り入れ、おうちの気の流れをよくできる簡単な方法もあるんです。

 

それではここで、自宅でも簡単に取り入れられる風水をいくつか紹介していきましょう。

 

まずは玄関!

玄関はおうちの入り口で家族が毎日で入りする場所です。

脱ぎっぱなしの靴があちこちに散らばっていませんか?

雑誌や新聞が積み重なって靴箱の上に置き去りになったりしていませんか?

玄関から良い気が入ってきやすいように、要らないものはすっきりと片付けて、

毎日たたきを水拭きしたり、きれいな状態を心掛けましょう。

 

また入ってきたよい気を受け止めるために、玄関マットを置くのもよいと言われています。

この玄関マットは外からの悪い気を落とすのにも一役かっています。

 

また玄関が暗いのは風水的にはよくありません。

明るい自然光が入らなければ照明で明るく照らすとよいですね。

 

家族が集まるリビングリビングルームのカーテンを開けて、

窓を大きく開けて日差しをいっぱいに取り込んで空気の入れ替えをするだけでも、

新鮮な空気が入ってきて悪い気も外に出て行ってくれます。

 

風水とは、気持ち良く暮らすということがとても大切なのです。

脱ぎっぱなしの服や読みかけの雑誌、子供が出してきたおもちゃなどが溢れて

ごちゃごちゃしているリビングルームではリラックスも出来ません。

リビングには余計なものはなるべく置かないようにしましょう。

 

テーブルの上も、スッキリと広々使えるように極力いらない物を置かないよにしてください。

リビングの床にものが置いてあると、歩きにくいし、ぶつかったり転んだり危険ですし、

動くたびにストレスがかかります。

明るくすっきりと片付いたお部屋にはよい気もめぐり、家族も過ごしやすい空間になります。

 

いかかですか?

こんなに簡単に毎日の生活に風水を取り入れることができるんですね。

みなさんもちょっとした風水を取り入れて、暮らしの運気をアップしてみてはいかがでしょうか。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL