インテリア風水は本命卦がオススメ!自分にあった風水をみつけるには?

風水に興味を持ち始めたのは20年ほど前です。

仕事帰りにたまたまよった本屋さんで、

インテリア風水の本を見かけたのがキッカケでした。

 

その本は、インテリアや模様替え、家具などの配置を工夫することで

運気を変えていきましょうといった内容のものでした。

 

その時はお金や恋愛に困っていることはなく、

ただ運気がよくなれば良いかな~といった気休め程度でその本を購入しました。

 

当時は、その本に書かれていることを何となくインテリアに取り入れてみたと言った感じです。

特に母がその本に興味を示し家の中すべてに「風水」をとりいれた記憶があります。

 

昔、西側に「黄色」のものを配置すると、「金運」が上がるのがブームになりましたよね。

東南にはピンク色のものを、鏡に「観葉植物や花」をおくなど…

徹底的に模様替えをした記憶があります。

 

10年ほど前に次から次へと自分に悪いことがふりかかり

「負のスパイラル」から抜け出せない時期があったんです。

これをキッカケに少し自分の運気を全体的にあげたいと思うようになりました。

 

今はネットで検索ができます。

そこで自分の運気をあげるために何がよいのか再度、探しました。

 

自分にあっているのは、生年月日で自分の本命卦を見つけると言うのでしょうか。

うまれた年から自分がどの分類になっているのかを調べ、凶方向と吉方向を知るというものです。

すると自分は、今まで凶方向ですべて生活をしていたことが分かったんです。

寝室のベッドの頭の向き、机の位置、鏡をおく位置まで

すべて「凶方位」これでは運気が下がりますよね。

 

この本命卦を知ってから、吉方位に置くインテリアやカラーなども勉強をしました。

自分は「グリーン」と「ベージュ」を基準としたインテリアがあっているようで…

確かに運気がよかった時を思い出すと、

お部屋のカラーが「グリーン」だったことを思い出すんです。

「負のスパイラル」の時は「ピンク」のカラーでしたね。

 

凶方位を知ってから、吉方位にベッドや机、テレビを吉方位へ移動させました。

取り入れているのは寝室や書斎です。

本棚などの重たいものは、凶方位に置くとの事だったので、収納棚を設置しました。

 

金運や健康運をあげたいのですが、ドアや窓などの配置上、

そうしても家具が動かせない場合は、凶方位にラッキーアイテムを置いています。

基本的に新しい家具などは購入をせず、既存の家具で模様替えをしている形です。

 

風水の効果は早くて2週間で現れると聞きました。

自分の場合は、もともと物が少ないので、模様替えも楽なのですが、

金運にいたっては「お金に苦労をしていない」というのが実感できています。

吉方位に置く家具と、凶方位におく家具が決まっていますが、

その通りに配置をしてしまうと部屋の中が「アンバランス」になります。

生活動線も変で生活がしにくいです。

 

今思うことは、運気が良かった時の部屋の家具の位置と、

悪かった時の部屋の位置を思い出してみることをオススメします。

必ず「負のスパイラル」ポイントが部屋の中にあって、そこで生活をしているはずなんです。

 

「飽きた」という理由で「模様替え」などを繰り返して行くうちに

「運気」も変わってしまったのかな?と思います。

 

全てを欲張ろうとせず、部屋とバランスを取り入れながら、

コーディネートをしていくことが大切だと思います。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL