財布を新しくするなら金運アップの財布にするべし!

金運にとって大切なアイテムである財布は、

色や形によって風水では良いものと悪いと言われるものがあるのをご存知ですか?

 

財布には大きくわけて二つ折りや三つ折り、長財布と形があり、

小さくてコンパクトになるので

二つ折りや三つ折り財布を愛用しているかたも多いもしれませんが、

風水では長財布が一番なんです。

 

財布はお金にとって住まいも同然ですから、小さく折りたたんで入るよりも、

そのままの形で収まる長財布が風水では良いとされています。

確かに、人が住む住居だって、広くのびのびしていたいものですよね。

 

次にポイントになるのがお財布の色です。

それぞれ好みの色というのがあり、自分の好きな色の財布を持ちたいものですが、

金運アップを目指すなら金運アップに良い色のお財布を持ってみてはいかがでしょう。

 

風水では財布の色それぞれに意味があり、

よく金運アップには金色の財布と言われますが、

なかなか金色の財布を探すのも持つのも抵抗があるという方はぜひ、

色の意味を知って参考にしてください。

 

まずはお財布の定番の色である黒ですが、

黒い財布は金運アップするのでは?と思われがちですが、

黒い財布に金運が上がる、金運を呼ぶというよりは、今あるお金を守るという色になります。

お財布に沢山のお金がある人や、今財産があるという方、

更には、ついつい使いすぎてしまうという浪費してしまう人などは、

財布からお金が逃げないように守ってくれる色になります。

 

それでは、金色以外に何色が一番良いのかというと、金色ではなく茶系の色なんです。

黄土色、茶色、焦げ茶色、ベージュ色も茶系になります。

茶色というは、土の気を育てて金運を生むという色で、

それに包まれるお金を育てて増やしてくれるという意味合いなので

金運アップには最適に財布になります。

 

風水で金運アップは金色や黄色では?と思われた方も多いかもしれませんが、

金色もピカピカすぎて派手すぎたり、黄色も鮮やかすぎたりすることで、

お金の出入りが激しすぎる事になり、結果影響力が強すぎて、

入る分出て行ってしまうという結果になります。

 

そして、財布の素材として一番と言われているのが、牛革です。

牛革は貯蓄運がアップすると言われ、

茶系で呼び込んだお金をしっかりと貯蓄していける財布になります。

 

財布を使う期間は風水では約3年とされ、

3年使っている財布があり、金運アップを目指しているなら

是非、茶系の牛革のお財布に買い替えて金運アップを目指してみてはいかがでしょう。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL