風水に因んだ部屋作りの思い出について

私は風水や占いについては、ほとんどと言って良い程、詳しくはありません。

ですが、昔、独身時代の自分の部屋作りの際に風水を採用した事があります。

 

当時、メンズ雑誌などに記載されていた風水特集の記事があり、興味を持ったので、

試してみようかなというような感じでインテリアを気分転換として替えてみようかな、

というのがきっかけでした。

 

その特集を読んで、街をブラブラとショッピングをして楽しみながら

インテリアのレイアウト変更をしていきました。

 

その雑誌の特集を読んで私が覚えているのは、

北は黒、水、亀に関係がある物を、

南は赤、火、鳥に関係がある物を、

西は黄色、虎に関係がある物を、

東には青、龍に関係がある物を

飾ると良いというのを覚えています。

 

特に覚えているのは、西は金運を、南は人気運を、東は仕事運を、

という事を覚えています。

北はあまり覚えていません。

健康だったような…。

 

印象的だったのは西には黄色いポップな時計などを飾ってみたり、

虎のフィギアを飾ってみたりした時ですが、色々な不思議な事がありました。

 

私は普段、金運も賭博運も全くと言っていい程にないのですが、

大きな金額ではありませんが、突然、宝くじが当たったり

知人から欲しかった物を急にプレゼントしてもらったり、と嬉しい事があったのを覚えています。

まさかとは思いました。

しかし、信じる者は救われるではありませんが、部屋の西は綺麗にしたり、華やかにしたりもしました。

 

その他に、東側には関係がある物を飾ったりしてみると、

仕事で行き詰まっていたものがスッキリとクリア出来たり、

普段、苦手だった上司とも距離が一気に縮まったり、という事もありました。

本当に不思議ですよね。

 

当時、部屋のレイアウト的には、ドアがあったりと、

南側や北側を飾る事は出来ませんでしたが、

その2つには御利益があったように思います。

勿論、レイアウトを替えたら、即効果があった、毎日毎週と効果があった、

という訳ではありません。

勿論、ポツポツとでしたが、私としましては効果があったように思います。

 

今は結婚をして、自分の部屋もありませんし、

家や部屋を自分の思うようにレイアウトを替えたりなどは出来ませんが、

何かあれば、ふと風水を思い出したりもしてしまいます。

それはきっと効果があったような体験をしたからであると思います。

 

たまに資格のフリーペーパーを手に取って見たりもしますが、

そこには風水師の通信教育もあったりします。

時間に余裕があればやってみたいな、とも思います。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL