掃除の後の盛り塩が運を上げる

私も家族も風水が好きです。

家の中を常にキレイにすることも風水の教えなので掃除は徹底して行っていますよ。

四角い部屋を丸く掃除するようなやり方では幸せになれません。

部屋は隅に埃やゴミが溜るので隅から掃除するようにしています。

 

部屋をきれいにしたあとは部屋を清めるために盛り塩を部屋の四隅に起きます。

私は100円ショップで購入した小さな白いお皿に盛り塩を置いていますが、

大きさがちょうど良く気に入っています。

盛り塩を置くお皿はできれば真っ白で柄など無い方が良いですよ。

形は何でも良いはずですが、私は部屋の角に沿っておける正方形のお皿を使っています。

 

しかし盛り塩を始めた当時は家族はあまりいい顔をしませんでした。

掃除を徹底的にやる風水の教えについて家族はすごく共感してくれましたが、

盛り塩を置くことは気持ちが悪かったようです。

 

ですがだんだんと盛り塩を置くことになれて、

今では「盛り塩が置いていないと空気がよどむ」と言うほど盛り塩が好きになっています。

実際盛り塩を置いていないと部屋の空気が重く感じます。

 

部屋の掃除だけ徹底するより、階段とか廊下の掃除も毎日行うとより幸せになれます。

トイレ掃除を毎日行うと金運がアップすると言われていますが、

残念ながら金運が上がっているのかどうなのか判断できません。

トイレ掃除も毎日やりたいけどあまり汚れないので1日おきの掃除になりがちなんです。

1日おきの掃除でも十分キレイな状態ですが、

金運アップを目指すなら毎日トイレ掃除を行うのが正解かもしれません。

 

私は風水が好きで風水を信じています。

それでも必要のない場所は適度に掃除をする程度に止めます。

キレイな場所まで掃除する時間はないですし、

よく使う場所や汚れている場所を掃除することでいっぱいいっぱいなんですね・・・。

あっちもこっちもと掃除に励むより、

一カ所一カ所丁寧に心を込めながら掃除する方が念が入りやすく幸運がやってくる気がします。

 

心を込めて掃除した場所はそれだけでもいい気で満ちあふれます。

ですが私は念のためそこに盛り塩を置くのです。

盛り塩は粗塩を使うのが基本になりますよ。

さらさらの食卓塩を使っても上手く盛れないはずです。

精製されていない粗塩を丁寧に盛ることでそこにも念が入り、

外からの邪悪な物から家を守ってくれます。

 

この風水は昔から言い伝えられている方法なので知っている人も多いことでしょう。

簡単にできるのでオススメですよ。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL