風水なんてうさん臭いと思っていた私でしたが、大きな効果を実感しました。

風水というとうさん臭く感じる方もいるかもしれませんが、

私はこれまでの人生で驚くようなその効果を実感したことがあります。

 

およそ10年前、当時自分が何を目指すべきなのかわからず混乱していた私は、

息詰まるような精神状態で毎日を過ごしておりました。

もともと神経症気味だったのもありますが、昔あった嫌なことなどが次々に思い出され、

何を見てもどこに行っても気持ちの晴れることがない日々でした。

少々鬱気味だったのかもしれません。

 

どうしてこれほど気持ちがふさぐのだろう、

どうして運が悪い(そう感じていました)のだろう、

とそればかり考えるうちに、何とか運を上向かせる方法はないかと

パソコンで検索することを思い立ちました。

 

それまで「開運」とか「運を上向かせる」といった文言自体に胡散臭いものを感じていた私でしたが、

もう矢も盾もたまりませんでした。

そうして初めて、掃除をして運を上向かせるという風水のあることを知りました。

どこを磨けば金運アップにつながる、とか具体的に細かいことが決められているようでしたが、

その時はそこまで気が回りません。

 

まず家の中が散らかり放題なのでそこから手を付けなければいけないと思い、

半信半疑でやってみることにしました。

それまで忙しくて家の中にあまり手を付けていなかったのですが、

いざ見渡してみると不用品が溢れていることに気が付いてびっくりしました。

一年以上着ていない洋服、存在すら忘れていた靴やバッグ、

使いもしないのに貰ったものだからとしまいこんでそのままだった食器、

ありとあらゆる不用品をどんどん捨てました。

 

そのうちスペースができてくると、そのスペースを磨いて綺麗にしたいという欲求が出てきました。

拭き掃除などしばらくしていませんでしたが、雑巾で床を磨いたり、トイレを磨きぬいたり、

押し入れやテレビの裏など手つかずだったところもどんどん磨きました。

さらに興が乗ってくると薬局などで掃除用具を買い込み、さらにあちこち磨き続けました。

 

そのうちにどうしたことか、家に舞い込んできた不動産屋さんのチラシが発端で、

当時住んでいた狭いアパートから分譲マンションに引っ越す話がまとまりました。

広い家に引っ越したいと思いながらお金やタイミングの問題で諦めていたのに、

ちょうど理想通りの場所にマンションが建築予定であることを知りました。

さらにその話を聞いた私の親が頭金を出してくれると急に言い出したのです。

あれよあれよという間に話がまとまり、掃除を初めて半年後には

できたばかりのマンションに引っ越していました。

 

本当に急転直下、という感じでこのときのことを思い出すと不思議ですが、

あとから風水のサイトなどを見ていると、運命を良い方向に動かすのに不用品を捨てたり、

汚いところを磨くのは風水の基本だそうです。

特に何が欲しい、というわけでもなく、ただ苦しい心を楽にしてほしい、

という一心で掃除やゴミ捨てをしていたのですが、思わぬ効果が出ました。

 

風水なんてと軽く考えていましたが、昔から人が言い伝えてきたものは

それなりに意味があるということを実感しました。

今もときどき、人生に迷った時には風水サイトにお世話になっています。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL