不要な物に籠る陰の気

物の取捨選択は、風水的に見ても、とても理に適っていることです。

 

自然界の全てのものには気が宿ります。

新しいものほど陽の気が強く、反対に古い物ほど陰の気が強くなります。

 

ただし、先祖代々受け継がれた大切な物や、

自分が心から気にっている物は、古くても運気をもたらす物となります。

 

また、使わずにしまっている物にも、陰の気がこもります。

使っていないということは、その物を活用していないということ。

つまり命のない状態だと言えるのです。

 

そういった物を捨てることは逆に、幸せを呼び込むことに繋がります。

不用品を処分することによって、部屋の中に新しいスペースができますから、

そこへ良い気が流れ込むことになります。

何かを手放すと、その分身軽になって、何かを受け入れる余裕も生まれます。

 

人はその空間の気を吸収していますので、運のよい人になるためには、

陽の気で満ちた空間で生活することが大切になります。

 

使わない物や不要な物が家の中にあふれていると、

気の代謝が落ちて、家中に陰の気が充満してしまいます。

そればかりか、気の代謝が悪い家に住んでいると、病気になる可能性だってあります。

 

物を捨てられない人は、人間関係が滞りやすい人だと風水では考えます。

人間関係などの縁の気は、風から生じるとされているため、

不要な物が多い家には風が流れず、その結果、縁が生じない家となってしまうのです。

 

幸運な体質をつくるためには、「いつか使うかもしれない」、という発想を捨てて、

今の自分に必要ない物、使わない物は処分しましょう。

 

「いらない物はすぐに捨てる」という習慣が身に付けば、

綺麗な部屋の状態を維持できるようになります。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL