風水における生年月日の必要性

風水では、個人の方を鑑定する際に

生年月日の提示を求めます。

他にも占い全般いおいて、生年月日と言いますのは

個人の方の傾向を知る上で重要な情報として扱われています。

 

なぜなら、生まれてきた時に個人の方がもたらさらた運命や

性格的な傾向を暗示しているからです。

ですから、重要視されてきました。

いわば、個人の方のIDカードであると言えます。

 

風水では、生まれた月や星座や日により鑑定が行われます。

それぞれの月にはそれぞれに意味があるとされています。

あくまで風水と言いますのは、中国を中心とした場所で生まれた鑑定方法であります。

様々な占いがありますが、その中でも自然の英知を取り入れた考え方は

風水独自によるものです。

四季のはっきりとした日本の風土に基づく風水独自の考え方は、

その道を学ぶプロの鑑定士により日々精進されてきました。

それでも先人に学ぶ知恵は現在社会にも生かされています。

 

占いでは生年月日が重要視されています。

なぜなら、本人を特定する羅針盤がそこには記されているからです。

それは、分かる人にしか分からない神秘的な数字の羅列であるとも言えます。

必ずしも、霊感を持つ方ばかりとは言い切れません。

ですが、本当にそういった能力も生まれながらにして

持っている方もいらっしゃるのは事実です。

そういう方々にとりましては、占いとはある種のツールに過ぎないのかもしれません。

何よりも一般常識はこの世の中には欠かすことが出来ないコミュニケーションツールなのです。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL