緩い感じで風水を生活に取り入れる

風水の本を初めて読んだのは15年前くらいのことです。

友人から勧められました。

でも、正直言ってその友人の生活も上り調子ではありません。

そのため、風水に従ったからといって何もかも万事うまくいくわけではないということを肝に銘じています。

 

風水の本を読んでいると、プチ風水くらいならできますが、

例えば家の改造とか、あるいは引っ越しまでに至るほどになってしまうと、なんだか大事になってしまいます。

家族の理解があればよいですが、こういったことは宗教などと同じで、

なかなかすべての人が同じように考え信じるというわけにはいかないのが常だと思います。

 

私は、あまり躍起になっていると家族から不信に思われそうなので、

例えば、金運に良いとされる黄色の花瓶にお花を添えてみるとか、

お部屋の中央に楽器を置くとか、ワンポイントインテリアやカラーなどで風水を自然に取り入れるようにしました。

 

それで実際に良いことがあったとか、運気が上昇したかどうかというのは全く実感がありませんが、

いいこともあるなというくらいの感じです。

私が風水で好きなのは、過去の手紙など過去のものは捨てるということです。

断捨離するということですが、これは、実際にやってみると要らないものを結構取ってあるものだと思い驚きました。

 

過去の手紙は、読み返してみると思い出に浸れるし、懐かしいものもあるので取っておきたいものもあるでしょう。

私自身は物を捨てられないタイプなのでそういったものが沢山ありました。

でも風水の考えは、気を流すという考えが入っているようで。

物事を振り返ったり、過去に縛られたり物が沢山ありすぎると体が重くなり、運気も下がるというものなのです。

これには共感できます。

ですからある程度風水を取り入れると、生活自体はすっきりして流れが良くなるように思います。

 

家族全体が風水のとりこになっていて家の改築とか鬼門の方向とか

もっと大々的なことまで着手できるならそれも良いかもしれませんが、

まずは、小さなことから少しずつ取り入れてみるのが一般レベルでは楽しめるように思えます。

だんだん強迫観念が強くなり、ここにはこれを置かないといけないとか、

色はこれでないとだめだとか、そうしていないから悪いことが起こる

などと考え出すと悪い方向に流れていってしまうと思います。

まずは簡単にできる風水などのようなタイトルの軽めの本を手にして

インテリアなどから始めてみてはいかがでしょうか?



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL