風水について感じること

風水について「全く信じてない」というわけではありませんが、

「絶対にこうしなければならない」とも思っていません。

実際に、すべて風水の通りにするなんてことは不可能ですし、

押し通せばそこにトラブルが発生するのは必須です。

ただ、昔から「こうした方が良い」と言われていることには、

なんらかの根拠があると思っていますし、

一番大事なのは自分が「風水的にもいいから、これでいいことが起こるはず」

などと感じ前向きな気持ちになれることだと思っています。

だから、「自分の出来る範囲でやってみる」という方向性で、私は風水を捕らえています。

 

家を建築するときも、ある程度方向や位置について、風水に基づいて検討しました。

ただし、どうしても折り合いがつかない場合は、妥協することにしました。

風水通りに建ったとしても、生活しにくい家になってしまっては、本末転倒ですからね。

家が出来上がってからは、できる範囲で「風水」を取り入れようとしたのですが、

家族が多いとなかなかそうもいきませんよね。

特に、母や子供たちは、まったく関心がないので、

私が「風水的には」などと話すと、「また始まった」という感じでちょっとバカにされたりします。

 

逆に夫は、以前不動産に勤めていたこともあって興味を示してはくれるんですが、

私に言わせれば「勝手風水」とでも言うのでしょうか。

例えば、あしたゴルフの試合があるとなると、

急に部屋を「勝負運が強い風水」に応じて模様替えを始めたり、

仕事運をあげるために自分の部屋はこちら向きがいいと言ったりするのですが、

いざ、試合で負けると、まったく関心が無くなったり、

やっぱり日当たりが悪いから別の部屋に変えてほしいと言い出したりします。

しかも、掃除が嫌いな人で、私が手を付けないと、ほこりだらけの部屋で平気で過ごす人なので、

風水の神様もあきれていらっしゃるのではないかと思ったりもします。

 

私自身は、自分の部屋兼、簡単な仕事場である部屋には、風水を取り入れています。

眠っている自分の姿が鏡に映らないように鏡をクローゼットに備え付けのタイプにする、

北枕で眠るようにし、木製のベッドにを選んで、明るい色のカーテンを使用するなどの対応をしています。

 

もちろん、掃除はまめに行い、心地良い空間にすることを一番に心がけています。

自分の部屋にはいると、仕事に対してのやる気も出ますし、逆にほっと落ち着ける場所でもあります。

そのおかげでしょうか、仕事が最近軌道に乗り始めました。

やはり風水は私にとって、大切な生活の一部です。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL