部屋の方位

風水に関わる方角は、

北、東北、東、東南、南、南西、西、北西の8つと、

家の中央部分です。

それぞれの方位には違った意味やパワーを持ちます。

 

間取りを決めるときや模様替えをするときに大切なのが、

家の方位を正確に把握することです。

各部屋に正しく方位の性質を取り入れることで、

より確実に幸せがやってくることでしょう。

 

例えば、北の方角は日光が入りにくく、冬には北風が当たります。

つまり、夏は湿気がこもりがちで冬は冷える場所なので、

出入り口や、トイレ、風呂などの水まわりを配するとよくないとされます。

西に台所を置くなといわれるのも、

食品を扱う台所が西にあると食べ物に西日に当たって傷みやすいから、

という理由があります

 

 

季節でいうと真冬。

物質的には水を表しています。

よくいうと理性的で、冷静な人格となります。

工夫する才覚を宿し、知恵を育てる場所でもあります。

家族の中では、次男の部屋をもうけるとよい方位です。

 

東北

季節でいうなら晩冬。

空間的には山にあたります。

春にも通じる、何か吉兆を感じるような泰然自若とした人格を表します。

山の動じないイメージ通り、忍耐を養う場所です。

家族でいえば三男の部屋が合います。

 

季節では春。

現象的には雷にあたる方位です。

物事の始まりや、声などの音に恵まれた人を意味します。

子ども部屋や若い人が過ごす場所に向いています。

家族では、長男の部屋をつくるとラッキーな方位です。

また、東向きに玄関があれば、朝一番に日が当たりますので、

夜に冷え込んでも温まりやすく、仕事に向かうために一歩家を出たとき、

明るい日差しを浴びることができます。

 

東南

季節でいえば初夏。

現象的には風にあたる方位です。

とらえどころのない、ふんわりとした性格を表します。

恋愛運、結婚運を招く場所。

家族では、長女の部屋を設けるのに向く方位です。

 

季節でいうなら真夏。

物質的には火にあたります。

人に対しても、目標に対しても情熱的な人格です。

玄関の場合、社会的成功などの運が舞い込みます。

家族では、次女の部屋にするとよい方角です。

 

南西

季節でいえば初冬。

空間的には天の方位にあたります。

性格的にはおとなしい人を意味します。

清潔にすれば運が上昇します。

家族では母親の部屋がよいでしょう。

 

西

季節では秋。

空間的には湖にあたります。

お金に困ることがなく、周囲から多くの恩恵を与えられる人です。

金のパワーがあり、金運を招く場所です。

家族の中では、三女の部屋にするとよい方位です。

 

北西

季節では初秋。

空間的には地にあたります。

常に収穫に恵まれることや、独立独歩の人格を表します。

一家の大黒柱の財運、仕事運に影響します。

家族の中では、父親の部屋を設けるとよい方位です。

 

家の中央

すべての中心になることを表している場所。

自己中心的な志向をもっている人格です。

中心なので、家族が集まるリビングにするといいでしょう。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL