部屋が吉方位から外れる

吉方位が北なのに、

他の部屋との兼ね合いで作れない・・・

という悩みは当然出てくるでしょう。

 

大切なのは、部屋がどの方位になっても、

吉方位や健康運など目的にかなった方位を意識できるように、

部屋や家具をレイアウトすることです。

 

例えば、キッチンの場合、

本来は中央にあればベストの方位ですが、

他の方位になってしまったときは、

作業中に常に中央を向くようなカウンターの位置を決めるとよいです。

 

一方、寝室の場合はベッドの置き方で解決します。

たとえば、北が吉方位なら、

本来は北に寝室を配してベッドを北枕に置くのがベストです。

他の方位になってしまったときは、

ベッドのみ北枕に置くか、

ベッドに座ったときに北を向くようにしましょう。

つまり、起き上がったときに北を向くように、南枕にするのです。

 

ドアからの気を直接受けないよう、

ドアとの位置関係にも注意しましょう。

 

 

とはいえ、風水を間取りに取り入れるために大切なことは、

その環境を十分に生かすことにあります。

自然の環境を無視して、

ただ鬼門にトイレがあってはいけないだとか、

玄関は南東がいい、とかいうことだけではなく、

 

太陽の動きを実際に住まいという自分達の

生活スペースにうまく取り入れて、

そして上手に利用していくことが重要なのです。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL