避けたほうが良い物件

風水や間取り云々というよりも、

傍から見てもハッキリ分かる、

避けたほうが良い物件というのがあります。

 

その1つが、いわゆる因縁のある家です。

例えば、その家に住むと、必ず家人の中に病人が出るとか、

昔、殺人事件があったというような家は、

たとえ安い値段がついていたとしても、避けたほうが無難です。

 

家相を丹念に調べれば、その原因となる凶相が見つかるでしょうが、

調べなくても、よくない運気が既に色濃く漂っているわけですから、

事前に家の前科が判明した場合は、その時点でキャンセルすることを勧めます。

 

中古住宅を買う場合、前住人が病気や事故に遭っていないかなど、

仲介業者に尋ねてみるとよいでしょう。

 

 

物置の上の居室

敷地をできるだけ有効に使うために、

かなり無理な建て方をしている家もあります。

 

例えば、個人の住宅ではなくても、

一階を倉庫として使い、二階をアパートとして貸し出しているような所です。

一階が倉庫ですので、上の住人は下に気兼ねすることがないため、

若い人には人気があります。

 

しかし、下は倉庫であるため、日中は荷物の出し入れで人の出入りが激しく、

また、騒音もかなりのものでしょう。

虫が湧くのを防ぐために、殺虫剤を散布することもあり、

その臭いが上の部屋に流れ込んでくるケースもあります。

 

おまけに冬は寒いし、夏は暑い。

昼寝しようと思っても、うるさいのでなかなかできない・・・

など基本的に人間が住む環境をなかなか確保できないので、

長期間、そうしたアパートに住むのは難しいようです。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL