廊下で家を二分しない

家相の中でも、なかなか吉相になりにくいのが廊下です。

マンションなどでは、廊下が家の真ん中を突っ切っていることがよくあります。

そのほうが各部屋の独立性を保つ上では都合がよいのでしょうが、

家相上、これはあまり良いことではありません。

 

なぜかというと、廊下を家を二分していると、

家族の気持ちが分裂し、家庭が崩壊してしまうと信じられているためです。

 

廊下が家を二分していると、

各部屋が独立しすぎてしまい、

お互いの顔を見合わせることが少なくなってしまうためです。

 

それぞれが、自分の部屋で食事まで食べるようになってしまっては、

それこそ家庭の崩壊です。

 

ふすま一枚、あるいは壁一枚隔てただけですと、

各部屋のプライバシーは完全には守られません。

これに廊下を隔てると、ほぼ完璧となります。

だから、使い方さえ正しければ、廊下ほど利用価値の高いものもないといえます。

 

家相上では、廊下は家の長さに対して、

せいぜい3分の2程度が適当となります。

もし、長すぎたり、家を二つに分けるようであれば、

思い切って廊下を潰して部屋にするか、

押入れなどに作り変えるのも一案です。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL