家族で分かれる流派

私が、風水に興味を抱くようになったのは、

野村萬斎主演の映画、「陰陽師」を観た事がきっかけです。

その時期は、テレビや書籍でも、陰陽師について取り上げられたものが多く、

毎日とは言いませんが、それでも一週間には必ず目にしていました。

 

物語として、陰陽師の活躍を描かれる一方、陰陽道とは何かと、取り上げるメディアもあり、

一部として、風水が注目されていました。

しばらくは、陰陽道が持ちはやされていましたが、徐々に見る影を失ってゆきます。

そして、部屋の模様替えなど、手軽に活用できる風水が、目立つようになってゆきます。

 

私も、メディアを通して、また、購入した書籍をもとに、部屋の模様替えをすることがありました。

今の部屋も、風水をもとにレイアウトを決めました。

私の親もまた、同時期に、恐らくはきっかけも同じだと思います。

風水の書籍を購入しては、模様替えをしていました。

 

風水は、流派がありますが、基本的な概念は、どの流派も同じです。

しかし、細かく見てゆくと、それぞれの流派ごとに異なっています。

本を読んで、知識として収める分には、問題はありません。

ただ、実践をするとなれば、流派の違いによる問題が出てきます。

 

奇しくも、私と親では、取り入れた流派が異なっていましたが、

個々の部屋の模様替えに関しては、文句を言われることはありませんでした。

私自身、本を読んでいる時は、流派がある事に気づくことはありませんでした。

部屋の模様替えをしている時もです。

その為、流派によって結果が異なる事も、気づくことはありませんでした。

 

この流派の違いを感じたのは、新しく部屋を探す時でした。

その当時、住んでいた家が、色々と不便になり、新しく部屋を探すことになりました。

私と両親が、内覧の為に訪れた時の事です。

部屋の間取りを観つつ、父親がコンパスを取り出し、方角を気にしていました。

風水を考えているならば、至って普通のことです。

父親は、不動産屋と方角について話をしていました。

そこに私が加わり、誰がどの部屋を使うのかで、問題が出てきました。

 

部屋の使用者を誰にするかについて、意見が分かれるのはよくある事だと思います。

それは、風水に関係なくです。

しかし今回は、風水において、それも流派の違いによって、意見が分かれました。

浸透した今とはいえ、流派の違いによって、意見が分かれるのは稀有な方だと思います。

不動産屋がいる中、私と父親とで意見がぶつかりました。

私は、人前で争うことを避けたかった事と、親としての立場を尊重して、折れました。

この時、流派によって、結果が変わってしまうものなのだと、実感しました。

 

尚、チラッと不動産屋の方を見ると、苦笑していました。

そして、母も呆れていたのを覚えています。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL