子どもが勉強する間取り

一般的な子供部屋というのは、

机とベッドが置いてあって、いうならば勉強部屋と寝室が一緒になっており、

他の家族が勝手に入ってはいけない、その部屋本人の城のようになってしまっています。

見方を変えれば、下宿人のようにも見えます。

 

こんな部屋では、そもそも親の近くにいたい学童期には自分の部屋を使いませんし、

逆に、思春期になると、自分の部屋に籠りっきりになってしまいます。

食事の時だけ家族と顔を合わせるだけでは、

一家のコミュニケーションや和が乱れる原因になってしまいます。

 

これを避ける方法は、

勉強部屋と寝室を別々に作るだけで解決します。

これは、家相から見ても好ましいことです。

というのは、勉強するために必要な運気と、

寝ている時に子供に欠かせない運気というのは別のものだからです。

 

 

家族の気配を感じられる間取りは子どもを安心させ、

結果的に自分から机に向かう子どもを育てます。

 

親子が自然に触れ合う機会が増えるように、

子どもの動線と親の家事動線が、

なるべくたくさん交わるような間取りにするのが理想です。

子ども部屋がキッチンの近くにあれば、なお良いでしょう。

 

壁の少ないオープンな間取りで、

キッチンが住まいの中央に位置していれば、

比較的実現しやすいでしょう。

キッチンが家の中央にあれば、

家事動線が、家の中央から四方へ延びるためです。

 

しかし、今更間取りを変更するのは無理という場合、

キッチンの側に子ども用の小さなデスクを置いてみるのはどうでしょう。

親に見守られながら、子どもは安心して無理なく勉強や遊びに集中できます。

 

後は、開放的な子ども部屋にしたり、

子どもが遊べるスペースを複数設けることで、

動き回る子どもの姿を常に把握することができます。

 

また、子ども部屋に、家族の本棚を設けて、

書棚の前で自然に子どもと顔を合わせられるような動線にするのも一案です。

部屋に親の本があることで、子供の興味も広がることでしょうし、

その場に行くキッカケにもなり、また話も弾むことでしょう。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL