初心者でも分かる!風水の方角と意味

インテリアに取り入れることで、自分の運勢を向上させられる風水。

Dr.コパさんのような有名風水師が登場したことで、風水の知名度は大きく向上しました。

 

しかし、いざ風水にチャレンジしてみたいと思っても、

「何だか難しそう」「風水のためにインテリアを全部買い替えるのは嫌だ」

などと踏みとどまってしまう人が多いのではないでしょうか。

今回はそんな風水初心者にも簡単に分かるような、風水の方角と意味をご紹介します。

 

風水で基本となる方角は東西南北です。

そしてこの4つの方角はそれぞれ担う運気が異なります。

 

まず、東の方角ですが、東は対人運や仕事運のアップに関わります。

東の方角にはパソコンや書類のような仕事に関わるものを置いたり、

固定電話などの人と連絡を取る機器を置いておくと良いでしょう。

 

次に、西の方角ですが、この方角は商売運を左右する方角とされます。

この方角に鏡や黄色系の雑貨を置くことで商売運が向上します。

自営業の人は特に意識しておくといい方角です。

 

そして、北の方角ですが、風水で北は金運を司る方角と言われています。

したがって、北の方角に金銭関係のもの(例えば通帳や貯金箱など)を置いておくと、

良い金運を招くことができるのです。

 

最後に、南の方角は美容運や女子力に関連する方角と言われています。

ここには花瓶を飾ったり、観葉植物を置くことで幸運を招くことができます。

花や植物を置くことに抵抗がある人は、メイク道具や化粧品を置いても女子力向上に繋がります。

 

ここまでが風水における東西南北の方角の基本的な意味合いとなります。

風水が意外と簡単だということが分かってもらえたと思います。

ここから先は知っておくと良い方角を見ていきましょう。

 

まず、北西の方角は出世運と仕事運を大きく向上させる方角です。

ここに白かベージュのものを配置すると、大きく仕事運を向上させることができます。

白のカーテンなどは配置しやすいのでおすすめです。

 

次に、子どもが欲しい方に意識して欲しいのが南西の方角です。

南西の方角に寝室を作り、幸運を招き入れるためにも家具は高さが低いものを選びましょう。

ぬくもりを感じさせるような木でできたものを置くことも重要です。

 

一方、気を付けなければいけないのが東北の方角です。

東北は古くから鬼門とされており、悪い運気が入ってくる方角とされています。

ここにゴミなどの悪い気を持つものを置いてしまうと、あなたの運気は一気に下がってしまいます。

ここにはゴミや洗い物といった汚れ物が溜まらないように気を付けましょう。

 

いかがでしょうか?

今回は風水の中でも比較的実践しやすい方角に関する情報をまとめました。

ぜひこの情報を参考にして、出来るところから風水を取り入れてみてください。

きっと良運を招いてくれると思います。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL