二世帯住宅と風水

祖父母、両親、子供が同じ屋根の下で暮らす、二世帯住宅。

正確には、三世帯、四世帯が住むケースも多いでしょう。

 

一般的に欧米の家は数百年も持つといわれていますが、

日本の家は長くても百年が精一杯といったところです。

これは欧米の家が立派で、日本の家はお粗末ということではありません。

日本は高温多湿の気候であり、

しかも家は主に木材で作られています。

また地震も多い。

こういう環境化では家が長持ちするはずもなく、

百年単位ぐらいで立て替えるのは当然のことといえるでしょう。

 

とはいえ百年もあれば、三世代から四世代は暮らせるほどの期間です。

家相の影響は、その家に長く住めば住むほど、

かつ代を重ねれば重ねるほど強くなっていきます。

本人よりも子、子よりも孫という具合に

その影響は大きくなっていきます。

 

家を建てた本人にとってみれば、

家相は運命でありますが、

その家で生まれた子にとっては、宿命ということになります。

宿命を背負った子供がやがて成人し、

再び同じ家で子を産めば、宿命はさらに強化されて、

その孫に宿ることになります。

 

家相の良し悪しは、孫の代になるほど、はっきりしてくるということです。

生活様式がどんどん新しくなっているのに、

家相だけは古臭いままにしておくのは、

やはり時代にそぐわないといえるでしょう。

 

家相をまったく無視するのもよくありませんし、

かといって、それに束縛されるのも考えものです。

もっと柔軟に家相と付き合っていくことが大切になります。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL