世代別の土地選び

独身時代の住居の立地は、

犯罪発生率の低い所、

交通の便のいい所、

文化施設に近い所、

などの要件を満たした上で、

日当たりや風通しがよく、縁の多い場所がいいでしょう。

 

子育て時代には、

医療施設、教育施設、

買い物の利便性、

地域の人々とのコミュニケーションの取り易さ、

市区町村サービスの体制

などが必要となり、建物や敷地などの広さもある程度必要になるでしょう。

 

老後の住居の立地には、

バリアフリー構造や宅配体制などの充実が不可欠となります。

また、老後の住まいにはそれほど広さは必要なくなるでしょう。

 

むしろ、老後の住まいが広すぎると、

「家の中が寂しく感じられる」という人も少なくありません。

 

これは子供時代に住んでいた家に成人してから行くと、

「あれ?この家こんなに狭かったっけ?」と感じるのと同じことなのです。

子供は広い家であれば、全力で動き回れるので快適ですが、

老人になれば、それほど家の中で動く機会も無くなってきますので、

無駄に広い家に一人でいあると寂しいと感じるようになるのです。

 

都会生活者が、老後に自然の中でのんびりしようと、

土地の広い田舎に引っ越すケースも少なくありません。

体力が十分にあり、車の運転もできる時期にはいいでしょうが、

田舎は買い物や病院、交通などの生活インフラが不便で、

結局、都会に舞い戻ってくる人もいます。

 

 

自分が元気な時期に、

老年期の体力を予測することは難しいことですし、

それ以上に、遠い未来の不便よりも、現在の満足度を優先したくなるのが人情というもの。

 

土地選びで注意すべきことは、

住居のように生活の基盤となり、比較的長い期間にわたって利用するものの場合は、

その選択や設計を、客観的な視点で行なうことです。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL