風水と家

風水では、住まいは人間の身体と合致すると考えます。

つまり建物は、人の肉体と同じような生き物であるということです。

 

手入れの行き届いた清潔な住まいは、人間の身体で言えば、健康優良児です。

反面、荒れた住まいに住んでいる人は、様々な困難にぶつかってしまうでしょう。

 

それは外観から判断することもできます。

外壁が崩れ、ペンキのはげた建物は、

そこに住む人の人生や健康も悪化し、疲労していることを表しています。

 

豪邸であっても、荒れ果てて、近づきがたい悲しみを帯びている建物もあれば、

小さくとも庭には四季折々の花が咲き、明るい日差しに包まれ、

幸福のオーラに輝いている家もあります。

 

一度寂れてしまった家でも、一つ一つ手直しをして

綺麗に修理していくと、建物は確実に蘇ります。

それは、大病を患っている人間が手術をして、回復するのと同じことです。

 

荒れ果てた庭に草花が植えられ、

四季の花が咲くようになったら、その土地のエネルギーが復活した証拠です。

ペンキが剥げ落ちた外観も、新しいペンキを塗りなおすと急に元気になるでしょう。

 

家は人間のぬくもりを知っているのです。

その建物に対する愛情の分だけ、エネルギーを発揮してくれます。

 

自分の家に風水を用いることで、気の流れをよくして、居心地の良い環境を作り出しましょう。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL