風水とは

近年では、「風水」という言葉もだいぶ市民権を得てきたように感じられます。

しかし、いまだに風水のことを占いの一種だと勘違いしている人がいるのもたしかです。

 

風水を一言で表すとすれば、運が良くなるためのマニュアルと言えます。

 

風水は大自然のエネルギーを住まいに取り込んで運気をアップさせ、

人生をより幸せにしようとするものです。

風水では、運は環境で決まるとされています。

この環境とは、衣食住、そして行動など、全てのことを含みます。

 

こうした環境が風水的な意味で、きちんと整えられている人は、運の良い人となり、

そうでない人は、運のよくない人となってしまいます。

 

風水は環境学とも言われるように、気の力を利用して自分の運を鍛える学問なのです。

 

風水の風は、目に見えない気の流れやエネルギー、

風水の水は、自然界全体の水のことを指しています。

 

 

風水の歴史

風水は、いわゆる占いではありません。

 

風水は、約四千年前の中国で生まれ、歴史とともに発達してきました。

中国では、主に都市や墓所をつくる際に、よい土地を探す地理学として用いられていました。

 

また、土地の運気とともに、時の運気を読む風水は、軍学としても利用され、

日本はもちろん、アジア各国にも広がってきたのです。

 

日本には、風水をベースにした、気学という考え方があります。

これは、人がもつ運命と大自然のエネルギーは強く関わっており、

人拝承大自然の影響を受け続けるというものです。

その関係を人の幸せに役立てようとする思想が気学です。

 

 

陰陽のバランス

風水では、全てのものを陰と陽の対比としてみていきます。

 

陰は暗い物や冷たい物、古い物などを意味し、

対する陽は、明るい、温かい、新しいなどを意味します。

 

陰陽はバランスがとても大切で、

例えば体に必要以上の陰の気がたまると、人は病気になったりするのです。

 

 

五行の性質

陰陽と同様に、風水の基礎となるもっとも大切な思想として、

五行の性質というものがあります。

 

これは、世の中の全ての物は、木、火、土、金、水の5つの要素からなり、

そのいずれかの性質をもつという考え方です。

いわゆる「物」はもちろんのこと、方位や季節、色、素材、形、性質なども、

五行の気に分類することができます。

 

木は木製の物、火はプラスチック、土は陶器、

金は金属、水はガラス、などを表します。

 

それぞれの気は、他にも方位や色、季節などの意味も持ちます。

例えば、木なら、方位は東、色は青、季節は春、といった具合です。

 

風水では、この世のあらゆる事柄は、五行のいずれかに分類できるとされています。

また、五行には、互いを生かし合い、運気を上げる相生の関係もあります。

例えば、金属は土の中から生み出されるため、金と土には生まれるという気が生じるというものです。

 

一方、火と水の関係のように、互いに対立しあって運気を低下させる、相克の関係も存在します。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL