運が悪い環境を取り除き、運気を引き寄せることが大切

運が悪いと思っている人は必ず運が悪くなる環境の中にいることが多いです。

運がよくなるためにはそのための風水を実践することが大切です。

運が悪い環境を取り除き、運気を引き寄せることが大切です。

 

風水とは古来中国に伝わる学問で、風と水との環境学といわれています。

何千年も前からの膨大なデーターがもとになっています。

しかも、どんな人でも現在の運というものは、身の回りの環境によってつくられているものです。

しかも環境を変えるだけで誰でも必ず運がよい人になれるといわれているのが、

風水なのです。

 

家の中のちょっとしたところを変えたり模様替えするだけでも「運」を持ち込んでうまく循環する環境がつくれます。

また、今までもさまざまな風水を試してみても運があまりよくならないという人もいます。

そのような場合には本格的な厄落としなどの方法も必要になってくる場合もあります。

 

そもそも人間にはいろいろな運が作用しています。

なかでも運命はその人の努力や意志では変えることができないものとされています。

しかし、運勢や運気というものでは運命から繰り広げられる勢いのことを示しています。

それは常に一定ではありません。

個人や時期、そして周囲の状況にも影響されるものです。

 

その部分が風水にあたる部分です。

占いとよく比較されることが多いですが、

占いと違うところは運命を変えることができるという部分です。

しかし、それは少しの努力や工夫が必用だということです。

 

「最近運気が悪い」と感じている方はその部分を風水でよくしていくことが必要です。

毎日のちょっとした努力を惜しまなければすこしでもよい運勢がつかめます。

 

風水には三種の神器といわれるものがあります。

それはもともと天皇家に伝わるもので、

くさなぎのみつるぎ・やたのかがみ・やさかにのまがたまといわれるもので、

剣と鏡、玉のことをいいます。

 

風水では鏡をうまく使うことが風水においては重要です。

鏡の置き方や場所によってよくない運を跳ね返すことができるのです。

しかし、置き方を間違えたり、使い方を間違えるとよくない気を集めたり、気を乱したりしてしまいます。

 

置き方としても「ななめに置かない」「寝姿を映してはいけない」「玄関の正面に置かない」

「あわせ鏡にしない」「汚れた鏡を置かない」「三面鏡を置かない」

「アンティークの鏡は使わない」「寝室の鏡はカバーをかけておく」などが大切なポイントです。

 

風水の神器の中には、食べ物におけるものもあって、それは魚や根菜、麺などです。

旬の食べ物の中にそれを盛り込んで食べるようにすると風水的には運を取り込めるということになります。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL