自宅を新築する際、風水とそれに応じて色にもこだわりました

私たち家族は、

注文住宅で自宅を新築しました。

 

その当時、風水が流行っていたということもあり、

旦那が風水にこだわりを持っていたため、

自宅を建築する際には自宅の向きや内装の色など、

知識を持っている物に関しては、

なるべく風水にしたがって建築を依頼しました。

 

まず、土地選びからはじまりますが、

必ず日当たりが良いといけないため、

南向きの自宅を建てることができる土地を探しました。

 

そして、玄関の場所は必ず

自宅の中央にする方が良いという事だったため、

玄関を挟んでリビングと和室をつくるといった構造にしました。

玄関は家の気の通り道でもあるため、真ん中が良いという事でした。

 

自宅の庭には、鬼門と裏鬼門という場所があり、

鬼門にはヒイラギの木を植え、裏鬼門には南天を植えています。

 

色に関してですが、私の自宅の構造上、

お風呂は緑が良いという事で、シンクも床も壁も椅子も風呂桶も

全て緑を基調としています。

 

トイレは、ピンクが良いとのことでしたので、

便座もトイレットペーパーを設置するところも、

便座カバーやスリッパやトイレ掃除の道具など、

全てがピンクを基調としています。

壁だけは、白色にピンクの花柄の模様が

描かれたものを使用してもらいました。

 

台所は、青が良いという事で、

シンクの色やキッチンマットなどを青にしています。

 

玄関には水物をおいてはいけないので、

熱帯魚の水槽もリビングに置いています。

 

このように、自宅を新築する際には、

知っている限りの風水の知識を利用して、建築してもらいました。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL