玄関に八角形の鏡を置くと運勢がアップ

風水には色々なルールがあります。

一昔前に日本で大流行したのが

西側に黄色いものを置くと金運がアップするというものでした。

南東にピンクのモノを置いて恋愛運アップ、

花を飾ると全体運アップなど色々な説がありますが、

まず大前提として部屋を清潔にしておくことが重要です。

色や何かを飾るのはその後でも遅くはありません。

 

そして部屋の中でも特に重要ポイントとされている場所があります。

玄関、トイレ、寝室です。

玄関は福の神を家に入れるために綺麗にしておくことが重要とされています。

トイレは汚れやすいので、ここを綺麗に保つことで厄除けになります。

寝室は部屋の中でも過ごす時間が長い場所ですから、

癒しと充電を兼ねてしっかり掃除しておくことが大切です。

 

掃除していてもなんだか部屋の雰囲気が悪い気がするというのであれば、

換気をして盛り塩を置く、香をたいて場を清めるなどの工夫をしてみましょう。

そして大事な場所には鏡を置いておくと

さらに運気がパワーアップすると言われています。

 

鏡には昔から魔除けとして扱われてきた歴史があります。

そんな鏡を玄関に置くとさらに良いものを呼び寄せるとされています。

場所は玄関から入って左手が最も良いとされています。

逆に正面に設置していると、よい気も跳ね返してしまうことがあるので

やめた方が無難でしょう。

 

鏡ならなんでも効果がありますが、特に良いのが八角形のものです。

風水関係なしに玄関に鏡があると

出掛けに身だしなみチェックできて意外に便利です。

是非試してみてください。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL