人間関係と風水

風水とは、約4千年前に

中国で誕生した「気」の力を利用した

環境学のことです。

 

衣・食・住、行動など周りの環境全てを使って

運を切り開いていく開運のためのもので

環境が運を決めるというのが基本的な考えです。

 

本来生まれ持ったその人の運を、自分で環境を変えることによって

より高めることのできるのが風水で、

もちろん人間関係にも大きく関わってきます。

 

風水では、人間関係は家から多くの影響を受けるとされています。

家が明るいエネルギーで満たされていると、

そこに暮らす人の気持も常に前向きで明るくなります。

しかしどんな家でも時間とともに新鮮さが消え、

そのエネルギーが陳腐化してしまいます。

 

簡単にできる対策として、まず最低でも1か月に1度

布団と枕を明るい日光の下で干すと効果があるとされています。

またお香を手に持ち、時計回りに歩くことで

眠りのスペースのネガティブな気を浄化できます。

また、ベット周りは常にきれいに整頓しておくことも大切です。

 

他にも、南西に明るい照明を付けると気のよみがえりにとても効果があります。

南西の位置に黄色いものを置くのも効果があり、

その周りにあまり物を置かないことも大切です。

 

空気の乾燥やよどみも注意すべき点です。

乾燥していたり空気がくすんでいるのを感じた場合には

水スプレーをし、空気中のバランスを整えます。

空気のバランスは家族の雰囲気に影響を及ぼすため注意が必要です。

 

日々の積み重ねで運が向いてくるためコツコツと行っていくことが大切です。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL