リビングに置く観葉植物について

これまで平日は仕事一筋、休日は外での活動を夫婦共々メインとして行ってきましたが、

周りを見渡すと子持ち世帯が増えてきて、家族との時間を大切にしている人が増えてきました。

そういった話を聞くたびに、「私はどうする?」という思いがふつふつと沸いてきている事に気づき、

将来は子どもを持つ方向でいきたいね、と主人と話がまとまりました。

 

仕事を続けながら育児もしていきたい思いはありましたが、

現在の仕事では産休も育休も許されない雰囲気の職場であり、

制度はありましたが、戻るポストの保証がなく、

制度を利用した先輩ママは続かずに退職する方が多くいました。

 

そのような状況の中で、私が進む道は「資格を取得しての転職」しか思い浮かびませんでした。

まずは自分がいる環境を整えるために殺風景だったリビングを変えたいと思い、

風水の本を読んで観葉植物を置くことを検討しました。

本によると、丸い葉っぱの植物は安らぎを与えるのでリビングには最適、

とがった葉っぱはエネルギーややる気を与えるとの事で、仕事場や勉強部屋に最適との事。

 

私は毎日の活動で心がかなり疲れ切っていたこともあり、リビングに丸みのある植物を置くことにしました。

しかしいざ購入となると観葉植物の種類が多すぎて何を置けばいいのか迷ってしまいました。

 

お店の方に相談すると、「モンステラがいいのでは?」と勧めてくださいました。

モンステラは葉っぱが大きく丸みを帯びていますが、

成長するにつれて葉っぱに切れ目が出て面白い形になっていきます。

本でモンステラの風水を調べてみると、ハワイで水が湧き出る意味を持ち、

繁栄や金運アップに最適との事で購入を決めました。

結構成長した大きなモンステラを買ったのですが、

リビングの白い壁にとてもマッチしていい雰囲気になりました。

なんだかちょっとしたカフェ屋の雰囲気です。

 

また風水上テレビなどの電化製品の近くに観葉植物を置いておくと余分な電磁波を防いでくれるようです。

モンステラが自宅に来て2か月経ちましたが、心が何となく落ち着いているのを感じます。

そして仕事を思い切ってスッパリと辞め、現在は派遣事務員として勤務しておりますが、

仕事の負担が以前と比べて減りいい意味でオンオフを付けられるようになりました。

 

子どもを家庭に持つ夢はまだ先になりそうですが、

これも以前の仕事を退職しなければ見えなかったと思います。

これも観葉植物のお蔭かなと感じております。

もう少し自宅に緑があればと感じるので、またお気に入りの観葉植物を増やしていきたいです。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL