風水に基づいた財布選びで金運アップ

「春財布」「秋財布」という言葉をご存知でしょうか。

立春の頃や秋分の頃に財布を替えると、金運アップにつながるのだそうです。

何年も同じ財布を使い、表面が擦り切れてきた方やカードやレシートで中身がパンパンの方。

そんな方必見の財布選びのコツをご紹介します。

更に、お金が居心地よく過ごせる使い方についても見てみましょう。

 

 

【その効力は三年】

風水では、財布の寿命は3年と言われています。

3年を過ぎてしまうと、運気が上がらなくなります。

まだまだきれいで使えても、3年を目安に新しいものに替えるのが吉なんです。

 

お気に入りの財布だし高かった、そんな思い入れのある財布なら、使った期間だけ休ませましょう。

きれいにして休ませることで、再び運気が上がって来るのです。

 

季節毎に財布を交換するなど、複数の財布を用意し、順番に休ませながら使う方法もあります。

3年経っていなくても、古くなった財布は買い換えるべきなのです。

ファスナーの金具がとれていたり、汚れたり擦り切れている財布は、運気が下がる一方です。

 

 

【こんな財布はNG】

ハイブランドの高級な財布を持つ必要はありませんが、

あまりにも安価な財布には、金運パワーが宿りづらいということも覚えておきましょう。

また、中古の財布も避けたほうが無難です。

知り合いから譲り受けたような場合を除けば、以前の所有者がどんなふうに使っていたのか分かりません。

風水では「財布は生もの」といわれているように、新しいに超したことはありません。

 

 

【素材】

どんな財布を選ぶのがよいかについて見ていきましょう。

まずは素材ですが、本皮の財布を持つことがよいといわれています。

牛は富の象徴とされているので、牛皮がおすすめです。

ほかにもクロコダイルやラムなど、本皮を選ぶようにしましょう。

 

ここでのポイントは、高級に見えること。

価格が高いという意味ではなく、自然な光沢があり、造りがしっかりしたものを選びます。

 

 

【色】

赤い財布は、お金を燃やす、赤字を連想するという理由から避けるべきです。

青も同様に、お金が水に流れていくのでよくないといわれます。

金運アップに最適な色は、黄色やゴールドです。

しかし、この2色は上級者向けの色だそうです。

黄色は入ってくるお金が多い代わりに、出ていくお金も多いと言われます。

ゴールドは、運気の浮き沈みが激しいと言われます。

 

そこで、目的や状況に合わせた色選びを挙げてみます。

ブラック、ピンクは、お金を増やす色です。

シャンパンゴールド、パステルイエロー、アイボリーは、お金の循環、事業運アップの色です。

ブラウン、ベージュ、ワインレッド、カーキは、貯蓄を増やす色です。

パープルは、悪い状況から抜け出す色。

ホワイトは、借金から抜け出す色と言われています。

 

風水では、財布の色によってもご利益が異なるのです。

一方で、自分のラッキーカラーを持つのが最も良いという説もありますが、

赤と青には注意するに越したことはなさそうです。

 

 

【形】

長財布と二つ折り、財布を選ぶ上で迷う点ですが、金運アップの面から見ると、長財布の方がおすすめです。

お札の気持ちとしては、折らずのびのびと入っている方が居心地がよいそうです。

また、長財布の方が出し入れがしやすいメリットもあります。

出たり入ったりしやすい方が、お札にとってもありがたいのです。

 

また、小銭入れを別に持つ方がよいとも言われます。

羽が生えているお札に対して、小銭はその場をあまり動かないとされています。

質の違う二つは、別々にしておく方がよいのです。

札入れと小銭入れを分ける際は、同じ素材、色で統一したいですね。

 

最近、カードがたくさん収納できる財布が多く登場しています。

財布はあくまでもお金を入れるものですから、必要最低限の枚数にすることが重要です。

カードを入れすぎて財布がぱんぱんになっては、お札が窮屈だと感じて出ていってしまいます。

お金と関係のないカードは、別途カードケースを用意して持ち歩くのがベストです。

 

 

【使い方】

金運アップに相応しい財布を持っていても、使い方が悪ければ、金運を下げてしまいます。

これまでは風水に基づいて財布を考えてきましたが、

「財布でその人が分かる」というお話をしたいと思います。

 

見られていないようで、実は見られているのが財布の中身です。

整理されていないと、だらしがない、仕事ができない印象を与える可能性があります。。

逆にすっきり整頓されていると、できる人に見えます。

いつの間にか溜まっていくレシートやチケットは、まめに整理しましょう。

また、カードの入れ過ぎにも注意です。

 

そして、お札は向きをそろえ、種類ごとに並べておきましょう。

小銭が多すぎて財布が膨らんでいることもよくあります。

募金箱にさりげなく入れてきたり、小銭入れを別にするなどしましょう。

財布の中がきれいに整っていれば、金運もその人のイメージもアップするのです。

 

 

【お金にとっての財布とは】

お札に羽が生えているとか、お金が喜ぶとか、なんだかおかしな表現ですが、

財布を選ぶ時や使う時は、お金の気持ちになってみるとよいそうです。

財布はお金のホテルだとしましょう。どんなホテルに長く泊まっていたいでしょうか。

外装内装が美しくない、ホテルのオーナーが丁寧でない、不衛生で乱雑、利用者が少ない、

そんなホテルは選びませんよね。

それよりも、きれいで足を伸ばしてくつろげる、やさしいオーナーのホテルの方が快適に決まっています。

 

居心地のよい財布にはお金が滞在し、仲間を連れてくるというわけです。

こう考えると、きちんと整理したくなってくるのではないでしょうか。

きれいな財布と整った中身で、金運を呼び込みましょう。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL