風水で金運をあげる財布

多少ブームが過ぎたとはいっても、

いまだに根強い人気のある風水。

結構日常の生活の中で、

意識して実践している人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、そんな風水の「財布」にまつわるものを紹介してみたいと思います。

やはり財布と言えば、当然のように「金運」に関わるものだと思う人も多いでしょう。

その通りです。

一般に販売されている風水関連の本なんかを見てみますと、

確かに所持品の欄で、財布に関してはそのほとんどが、

「いかに金運をあげるか? 」という内容で編集されています。

 

ではその「金運をあげる財布」というのは、

風水ではどのようなものだといわれているのでしょうか?

 

まずその色から見てみますと、ほとんどの関連資料では、

「黄色から黄土色」が金運を上げる色として紹介されています。

こう言われてみますと、確かに売り場のレジの清算時に、

そんな色のものを持った主婦をよく見かけたりします。

 

元々、黄色というものは「黄金」にちなんだ色として、

金運に大きく関わるものとされているようです。

しかしさすがに金色のものは、そうそうにはありません。

 

やはりストレートに金色というものは、持つのに抵抗のある人も多いでしょうし、

物としてもそう多くは市販されていない点からしても、

あまり適切ではないと判断されているのでしょう。

 

次に「素材」ですが、これは「皮製」というのが基本になっています。

もちろん本皮である必要はありませんが、財布は「お金の家」なので、

粗末なものではお金は集まらないとされているのです。

 

ビニール製等はもってのほかで、

どんなに安くても「皮製」である事を意識しないといけないのです。



風水の間取り 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL